Return to site

ドグスポの基本はオビディエンス

いぬごやご来院ワンコたちの9割以上は、飼い主さんと一緒に、何らかのドッグスポーツをエンジョイしていらっしゃいます。本院での施術を担当しているコスゲも、15年以上前から、愛犬の初代ボーダーコリーとともにフライングディスク(フリスビー)に取り組み、その後アメリカンタイプのフライボール、アジリティとさまざまなドッグスポーツを楽しんで来ました。そんな中で痛感して来たのがオビディエンス(服従訓練)を通して、犬との関係性を構築することの重要性です。

ドッグスポーツを競技して行った時に、「思うような結果が出ない」と悩む飼い主さんも多くいらっしゃると思います。私自身もまさに同じ悩みを有して来ましたが、オビを通じて愛犬との関係性を見直すことで、解決できた課題も多くありました。

そんな経験から、いぬごやでは、定期的にドッグトレーナーさんにお越しいただき、それぞれのペアの目的に応じて、犬との遊び方や生活指導に始まり、関係性の見直し、各種試験や訓練競技に対応したレッスンをしていただいています。

担当してくださるのは、三谷ドッグスクールの三谷郁子先生です。ジャパンケネルクラブ、日本警察犬協会、日本シェパード犬協会等の公認訓練士として、幅広い活躍をしているトレーナーさんです。ご自身は、IPOという競技のプレーヤーとして、4年連続日本代表として世界大会へご愛犬を出陳していらっしゃいます。犬の精神状態を瞬時に見抜いて、適切なハンドリングを指導してくださる素晴らしい先生です。

ドッグスポーツに取り組む中で「上手く行かないな」と感じた時は、愛犬の健康状態をチェックしていただくことも必要ですが、ぜひ、愛犬との関係性を見直してみてください。そこに、重要なヒントがあるかもしれません。

 

三谷ドッグスクール(いぬごや支部)のオビレッスン

レッスン:毎週火曜日

場所:いぬごや本院のグラウンド他

※ 本レッスンは、いぬごやに普段からご来院いただいている方が対象です。現在はレッスン枠に空きがありませんm(__)m。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly